キャッシング契約の際の職場への電話確認ってどんなもの?

大手消費者のキャッシングを契約する場合でも、銀行のカードローンを契約する場合でも、殆どの金融機関で審査項目の一つとして導入されているのが、職場への電話による在籍確認となります。

この電話確認はどうして行われ、どんな具体に確認がされるのでしょうか。また電話確認を回避する方法は果たしてあるのでしょうか。

1.電話確認が実施される理由

職場への電話確認が実施される理由ですが、その最も大きな理由は、確実な返済能力があることを確認するためです。

勤務先として申請した会社にきちんと在籍して仕事をしていることが確認できれば、それは安定した収入があることの確認にもつながり、金融機関からしても安心して融資ができる、ということに繋がるため実施されるのです。

また金融機関の多くが、利用限度額が一定以下であれば収入証明書の提出を不要としているので、書類の提出がない場合には特に電話確認は重要となっているのです。

上記をまとめると、

・確実な返済能力があることを確認するために金融機関は電話確認を行っている

このようなことが言えます。

2.電話確認の流れとポイント

職場に金融機関から電話がかかってくるということで、同僚や上司にキャッシングの申込をしたことがバレることを懸念する人もいるでしょうが、金融機関はプライバシーには最大限配慮してくれるので、安心して大丈夫です。

電話は会社内ではなく担当者の個人名でかかってきますし、キャッシングやカードローンという言葉は用いられません。

またあくまでも申込者がその職場に在籍していることがわかれば確認は完了するので、必ずしも申込者自身が電話に出る必要はない、ということも大きな特徴となっています。

上記をまとめると、

・電話確認の際はプライバシーに最大限配慮してくれるので安心できる
・在籍確認の電話には必ずしも自分自身が出る必要はない

このようなことが言えます。

3.電話確認無しで契約できるキャッシング

職場に確認の電話がかかってくるのは絶対に困る、という人におすすめとなるのが、モビットのキャッシングとなります。

モビットのキャッシングはweb完結申込という方法で申し込みをすれば、職場に在籍確認の電話が掛かって来ないでキャッシングの契約ができるのです。

ただしweb完結申込は、直近1ヶ月分の給与明細や社会保険証もしくは組合保険証の写しが必要となるなど、通常のキャッシングよりも多くの審査書類が必要となるので注意が必要です。

上記をまとめると、

・モビットのキャッシングをweb完結申込で申しこめば在籍確認の電話は無しで契約できる
・但しweb完結申込は通常よりも多くの審査書類が必要となる

このようなことが言えます。

落ち着いて電話確認に備えましょう!

在籍確認の電話は、あくまでも「確認」に過ぎず、決して電話口で難しいことを訊かれたりしないので、落ち着いて対応することを心がけましょう。

プライバシーに配慮されているので会社の人にキャッシングの申込がバレてしまう可能性は極めて低いと言っても過言ではありませんし、どうしても電話をかけてほしくないという場合にはモビットのキャッシングを選ぶことで確認の電話を回避することも可能です。

繰り上げ返済の2つのメリットと手数料に関する特長

キャッシングで借りる際には、しばしば手数料節約がポイントになります。金利など様々な手数料支払いがありますから、トータル額などを抑えたいと思う事もあるでしょう。

そういった時は、繰上げ返済が推奨されます。それで負担をかなり抑えられる事も多いからです。

 

1.15日が来る前に多めに返して毎月負担を減らす

そもそもキャッシングの合計返済額には、2つの要素が関わってきます。まず1点目は残額ですね。残額に応じて、毎月返済額が変わるシステムになるのです。

例えば残額が10万円なら、毎月7,000円の返済が求められるとします。それに対して5万なら、毎月5,000などの具合です。両者には比例の関係があるのです。

そして現時点での残金が、10万だとします。それで毎月の返済日が15日だとします。こういう時には、15日を待たずに一気に多く返す方法があります。

頑張って多めに返済し、残金を5万にするやり方があるのです。5万になれば、当然毎月額は5,000円までに減らせる訳ですね。

毎月の負担を軽減できる訳ですから、頑張って多めに返すのも一法と言えます。このように毎月の返す日を待たずに少し早めに返す方法が、いわゆる繰り上げです。

 

2.5日分の節約の為に早めに返済

また15日を待たずに早めに返すやり方には、もう1つの日数に関わるメリットがあります。そもそもキャッシングは、1日毎の手数料支払いになります。

日数が多く経過すれば、それだけ多くの手数料払う事になってしまいます。しかし15日でなく10日に返せば、少なくとも5日分の手数料を節約できる訳です。

1日に230円前後の手数料を支払っている訳ですから、5日分なら実に1,000円以上節約できる事になります。

3.繰り上げに関する手数料も無料

それでキャッシングには、実は繰り上げに関する強みがあります。住宅ローンなどの商品ですと、実は繰り上げを行った時には有料になる事が多いです。

それがどれ位になるかも商品次第ですが、中には1万円前後の支払いが必要な商品もあります。

ところがキャッシングでは、繰り上げ時の手数料はゼロ円になる訳です。したがってキャッシングの繰り上げには、

・毎月負担を減らせるメリットがある
・手数料の実質的な負担も減らせる
・繰り上げ手数料も無い

このように様々なメリットがあります。

無料なので積極的に利用

何せ負担を減らせるとは言っても、マイホーム用ローンのように手数料が生じてしまうと、繰り上げを利用しづらい一面はあります。

しかしキャッシングなら、それもゼロ円になる訳です。せっかく無料で負担を減らせる訳ですから、繰り上げ返済は上手に活用すると良いでしょう。

郵送物なしのキャッシングの特徴とメリット

最近のキャッシングでは、ただ単にお金の借入れをして利息とともに返済するというだけではなく、ユーザーそれぞれのニーズに応じた利便性の高いサービスが増えています。

パソコンやスマートフォンの普及もありインターネットを使っての申込みに人気がありますが、さらにそこから一歩進んで、郵送物なしのキャッシングを利用できる場合があります。

1.郵送物なしのキャッシングとは?

郵送物なしのキャッシングとは、キャッシングの契約をして金の借入れをするにあたって、一般的には自宅宛に届くものを郵送以外の方法で受け取ることができるサービスです。

普通はキャッシングを利用すると、次のようなものが自宅に届きます。

・ATMを利用するためのローンカード
・契約書類
・利用明細

これらが自宅に届かなくなりますので、忙しくて受け取る時間がない人や、キャッシング関連の郵送物を他人に見られたくないという人でも安心して利用することができます。

2.カードなしでどうやって借入れするのか

キャッシングの利用方法として郵送物なしを選択するとローンカードが届きませんので、ATMを使っての借入れや返済は行いません。

その代わりとしてインターネット上の会員向けサイトを利用してオンラインで取引する仕組みになっています。

審査に通過すると会員向けサイトにログインできるようになりますので、そこから借入れの申請をすると、銀行口座への振込みで融資を受けることができます。

返済方法は自動引落を設定したり、返済用口座へネットバンキングなどで振込みをする方法もあります。もし後日ローンカードが必要になったら、自動契約機を利用して発行できる場合が多いです。

3.郵送物なしで利用するメリット

郵送物なしのキャッシングでは、一通りの事をインターネット上で行いますので契約手続きの利便性が高いのがメリットです。

お金の借入れも毎月の返済も自宅のパソコンから行うことができますので、ATMまで出かける必要がありませんし、利用明細も紙のものを保管する必要がなくパソコンやスマートフォンからいつでも確認することができます。

手元にキャッシング関係の書類が残りませんので、キャッシングを利用していることを他人に知られたくないという場合でも安心して利用できるのもメリットです。

利用者目線のサービスとして人気

郵送物なしのキャッシングは、主に消費者金融が行っているサービスです。

自宅にいながら一通りの取引ができることに加えて、キャッシングのことを他人に知られる心配があまりないため、利用者のニーズにマッチしたサービスとして人気が出ています。

キャッシングとクレジットの特徴や違いについて

皆さんは「キャッシング」と「クレジット」の違いを正確に理解していますか。実はこの2つの違いをよく分かっていない方が意外と多いんです。

そこでキャッシングとクレジットの主な特徴や、キャッシングカードとクレジットカードの違いについて詳しくご説明します。

1.キャッシングについて

キャッシングとは銀行や消費者金融などの金融機関から一時的にお金を借りることです。そのため基本的に返済額には利子が付き、利用する業者や支払い形式によって利子の大きさが変わります。

そして消費者金融のなかには利用者を増やす目的で、初めて利用する方を対象に無利子でキャッシングが利用できる優遇キャンペーンを行っている所もあります。

一般的な返済方法は「翌月一括払い」であり、借りたお金に利子を加えた金額を、翌月の返済日までに返します。

キャッシングは金融機関が発行したキャッシングカードや、クレジットカードのキャッシング機能を使って行なえます。

翌月返済だと利子の計算を含めた返済計画を立てやすく、手軽に利用できるところが特徴です。

2.クレジットについて

「クレジット」は日本語で信頼や信用などの意味を持った言葉です。

ショッピングなどで決算をする際に、クレジット会社や信販会社が発行したクレジットカードを店頭で提示することで、カード利用者に代わってカードの発行会社が料金の支払いを済ませてくれます。

その後、カード発行会社はカード利用者に対して代金の請求を行い、一括払いや分割払い、ボーナス一括払いなどの方法で返済を行います。

その際に、一括払いやボーナス一括払いなどは無利子で手数料がかかりませんが、分割払いの場合は利用した金額に金利手数料が加わった金額を返済する必要があります。

3.キャッシングカードとクレジットカードの違い

キャッシングは金融機関からお金を借りることなので、キャッシングカードにはショッピング機能がありません。

そのためクレジットカードのように店頭で提示して、ショッピングなどの支払いを済ませることはできません。

また、キャッシングで利用した金額の返済は口座引き落としやATM返済、振り込み返済など多くの選択肢がありますが、クレジットカードで利用した金額の返済は口座引落としのみです。

そしてキャッシングが利用可能な年齢は20歳以上ですが、クレジットカードは18歳以上から利用できます。

カードを利用することで受けられるサービスについては、一般的にクレジットカードの方が豊富です。こうした2つの違いをまとめると、

・ショッピング機能があるのはクレジットカードだけ
・キャッシングカードの方が返済方法が豊富
・利用できる年齢がクレジットカードの方が早い
・クレジットカードの方が利用して受けられるサービスが豊富

このようになります。

キャッシングは借金でクレジットはツケ払い

キャッシングは金融機関からお金を借りることで、クレジットはショッピング等で支払いの際にカード発行会社に立て替えてもらうことなんです。

2つの違いをしっかり理解した上で、お金の借りすぎや使いすぎに注意して賢く利用することが大切です。