キャッシング契約の際の職場への電話確認ってどんなもの?

大手消費者のキャッシングを契約する場合でも、銀行のカードローンを契約する場合でも、殆どの金融機関で審査項目の一つとして導入されているのが、職場への電話による在籍確認となります。

この電話確認はどうして行われ、どんな具体に確認がされるのでしょうか。また電話確認を回避する方法は果たしてあるのでしょうか。

1.電話確認が実施される理由

職場への電話確認が実施される理由ですが、その最も大きな理由は、確実な返済能力があることを確認するためです。

勤務先として申請した会社にきちんと在籍して仕事をしていることが確認できれば、それは安定した収入があることの確認にもつながり、金融機関からしても安心して融資ができる、ということに繋がるため実施されるのです。

また金融機関の多くが、利用限度額が一定以下であれば収入証明書の提出を不要としているので、書類の提出がない場合には特に電話確認は重要となっているのです。

上記をまとめると、

・確実な返済能力があることを確認するために金融機関は電話確認を行っている

このようなことが言えます。

2.電話確認の流れとポイント

職場に金融機関から電話がかかってくるということで、同僚や上司にキャッシングの申込をしたことがバレることを懸念する人もいるでしょうが、金融機関はプライバシーには最大限配慮してくれるので、安心して大丈夫です。

電話は会社内ではなく担当者の個人名でかかってきますし、キャッシングやカードローンという言葉は用いられません。

またあくまでも申込者がその職場に在籍していることがわかれば確認は完了するので、必ずしも申込者自身が電話に出る必要はない、ということも大きな特徴となっています。

上記をまとめると、

・電話確認の際はプライバシーに最大限配慮してくれるので安心できる
・在籍確認の電話には必ずしも自分自身が出る必要はない

このようなことが言えます。

3.電話確認無しで契約できるキャッシング

職場に確認の電話がかかってくるのは絶対に困る、という人におすすめとなるのが、モビットのキャッシングとなります。

モビットのキャッシングはweb完結申込という方法で申し込みをすれば、職場に在籍確認の電話が掛かって来ないでキャッシングの契約ができるのです。

ただしweb完結申込は、直近1ヶ月分の給与明細や社会保険証もしくは組合保険証の写しが必要となるなど、通常のキャッシングよりも多くの審査書類が必要となるので注意が必要です。

上記をまとめると、

・モビットのキャッシングをweb完結申込で申しこめば在籍確認の電話は無しで契約できる
・但しweb完結申込は通常よりも多くの審査書類が必要となる

このようなことが言えます。

落ち着いて電話確認に備えましょう!

在籍確認の電話は、あくまでも「確認」に過ぎず、決して電話口で難しいことを訊かれたりしないので、落ち着いて対応することを心がけましょう。

プライバシーに配慮されているので会社の人にキャッシングの申込がバレてしまう可能性は極めて低いと言っても過言ではありませんし、どうしても電話をかけてほしくないという場合にはモビットのキャッシングを選ぶことで確認の電話を回避することも可能です。