繰り上げ返済の2つのメリットと手数料に関する特長

キャッシングで借りる際には、しばしば手数料節約がポイントになります。金利など様々な手数料支払いがありますから、トータル額などを抑えたいと思う事もあるでしょう。

そういった時は、繰上げ返済が推奨されます。それで負担をかなり抑えられる事も多いからです。

 

1.15日が来る前に多めに返して毎月負担を減らす

そもそもキャッシングの合計返済額には、2つの要素が関わってきます。まず1点目は残額ですね。残額に応じて、毎月返済額が変わるシステムになるのです。

例えば残額が10万円なら、毎月7,000円の返済が求められるとします。それに対して5万なら、毎月5,000などの具合です。両者には比例の関係があるのです。

そして現時点での残金が、10万だとします。それで毎月の返済日が15日だとします。こういう時には、15日を待たずに一気に多く返す方法があります。

頑張って多めに返済し、残金を5万にするやり方があるのです。5万になれば、当然毎月額は5,000円までに減らせる訳ですね。

毎月の負担を軽減できる訳ですから、頑張って多めに返すのも一法と言えます。このように毎月の返す日を待たずに少し早めに返す方法が、いわゆる繰り上げです。

 

2.5日分の節約の為に早めに返済

また15日を待たずに早めに返すやり方には、もう1つの日数に関わるメリットがあります。そもそもキャッシングは、1日毎の手数料支払いになります。

日数が多く経過すれば、それだけ多くの手数料払う事になってしまいます。しかし15日でなく10日に返せば、少なくとも5日分の手数料を節約できる訳です。

1日に230円前後の手数料を支払っている訳ですから、5日分なら実に1,000円以上節約できる事になります。

3.繰り上げに関する手数料も無料

それでキャッシングには、実は繰り上げに関する強みがあります。住宅ローンなどの商品ですと、実は繰り上げを行った時には有料になる事が多いです。

それがどれ位になるかも商品次第ですが、中には1万円前後の支払いが必要な商品もあります。

ところがキャッシングでは、繰り上げ時の手数料はゼロ円になる訳です。したがってキャッシングの繰り上げには、

・毎月負担を減らせるメリットがある
・手数料の実質的な負担も減らせる
・繰り上げ手数料も無い

このように様々なメリットがあります。

無料なので積極的に利用

何せ負担を減らせるとは言っても、マイホーム用ローンのように手数料が生じてしまうと、繰り上げを利用しづらい一面はあります。

しかしキャッシングなら、それもゼロ円になる訳です。せっかく無料で負担を減らせる訳ですから、繰り上げ返済は上手に活用すると良いでしょう。

Published by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です