キャッシングの暗証番号はわかりやすすぎても問題になる事が

キャッシングの暗証番号は最初にカードを作る際に自分で設定するのが基本です。

わかりやすい番号の方が覚えやすい一方で、万が一紛失した際に推測されやすい番号を設定していると他人にお金を引き出される可能性もあります。

数回間違えるとロックがかかるのが基本ですが、自分でリスク管理をする意識も大切なのです。

1.誕生日など推測されやすい物は避ける

キャッシングの際の暗証番号は、誕生日など推測されやすい物は避けるのが基本になります。これは万が一紛失した場合や、個人情報が漏えいした際に悪用される可能性があるからです。

普段インターネットショッピングなどにクレジットカードを利用しており、キャッシング枠などもついている場合は、ネット上で情報が流出しただけで被害に巻き込まれる可能性もあります。

大手企業であっても情報漏えい問題が起きるなど、いつ事件に巻き込まれてもおかしくない事を意識し、ある程度工夫することが大切になるのです。

2.間違えるとカード自体が使えなくなる

キャッシングの暗証番号を数回間違えると、安全のためにカード自体が使えなくなるのが一般的になっています。

再度利用するためにはカード会社への連絡が必要になるため、夜急にお金が必要になった時等に困ることになります。

暗唱番号を忘れないようにするだけでなく、不安であれば早めにカード会社に確認することや、キャッシング自体を使わないで済むように工夫が必要になるのです。

クレジットカードで支払いをする場合はサインでも支払いが可能な事が大半ですが、キャッシングは暗証番号が必須になるため注意が必要なのです。

3.再発行には時間が掛かる

暗証番号を忘れた際は、カード会社に連絡して再発行の書類を郵送してもらうことになります。

暗証番号は重要な情報であるため本人でなければ受け取れないよう指定郵便にされることも多く、発送自体にも時間が掛かることもあります。

口頭での暗証番号の開示は不可能なため、まず時間が掛かることを理解する必要があります。

口頭で開示が可能となれば本人に成りすましての引き出しなどが可能になるため、あくまで手順を踏んで時間をかけなければ再発行できない仕組みになっているのです。

暗証番号は重要な情報

具体的にまとめると以下の通りです。

・推測されやすい暗証番号は避ける
・間違え続けるとカードが使えなくなる
・再発行には時間が掛かる

暗証番号は重要な情報であるため、安易な設定は非常に危険なのです。

お金に関わる情報だからこそ再発行にも時間が掛かるため、忘れないように工夫することと、他人から推測されない数字を設定することが大切なのです。

Published by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です